Why is the national colour of Ireland “green”? A song which soldiers sang during the war changed the history.

By
2月 13, 2018

アイルランドのシンボルカラーは、なぜ「緑色」なのでしょうか?

その理由の1つは、緑色は古来ケルト文化を育んだ、豊かな自然の象徴であること。一年中温暖で自然豊かなアイルランドは、「エメラルドの島」という異名を持っています。
もう1つは、聖パトリックの色であることです。

しかし、アイルランドを象徴する色は、もともとは「青」でした。青は12世紀頃から「聖パトリックの青」として正式に使われ、王宮や古代アイルランドの国旗の色となっていました。

それでは、どうして緑色になったのでしょう。
実は、アイルランドではかつて、緑は「対抗」を象徴する色として考えられていました。

時は1798年、アイルランド反乱の歴史へと遡ります。
イギリス軍は戦闘で、国のシンボルカラーである赤色の軍服を着用。その当時アイルランドの兵士たちは、シャムロックの紋章を身につけていたのですが、イギリスによって禁止されてしまいます。それに代わって、抵抗の証として身につけだした色が、シャムロックの色である緑色だったのです。
その時にアイルランド軍が歌ったとされる、“The Wearing of the Green”という曲が、いまも民謡として存在しています。

各地のパレードやフェスティバルで見られる光景から、アメリカのシカゴ川、エジプトのピラミッドまで。
いまでは3月17日、世界中の場所が、緑一色に染まります。

Categories:

Tags: