Leprechaun crossing!

By
January 30, 2018

一度見たら忘れられない、「レプリコーン」。

レプリコーンはアイルランドの伝承で伝えられてきた、伝説の妖精。
ハットをかぶって豊かなひげをたくわえた、小さなおじさんです。
もともとは赤だったという服の色は、アイルランドの歴史とともに、緑へと移り変わりました。

セント・パトリックス・デーではかかすことのできない、アイルランドの象徴の1つで、本国ではもっとも有名な妖精といわれています。ある地域には、「レプリコーンに注意」 という道路標識もあるほどです。

靴職人のレプリコーンは、ひとりでいることが好きないたずら好き。
「堕落の妖精」ともいわれますが、かといって良い妖精でも悪い妖精でもありません。
金の壺を虹のふもとに隠し持つといわれ、捕まえるとその在りかを教えてくれるといわれています。あるいは、解放してもらうことと引き換えに、3つの願いをかなえてくれるのだとか。
しかし、人間の目をそらさせることが得意なレプリコーン。その隙に巧みに逃げてしまうので、なかなか捕まえることはできないそうです。
それでもレプリコーンを見つけられること自体が、幸運を意味すると伝えられています。

もし靴をたたくハンマーの音が聞こえてきたら、それは彼が近くにいる合図。
遠い昔のアイルランドでは、人々は思い思いに大きな夢を見ながら、その音に耳をすませようとしていたのかもしれません。

It’s hard to forget about him once you see a Leprechaun.

The Leprechaun is a fairy that is often talked about in Irish folklore.
He is a little old man, who has a hat and a thick, red beard.
In the beginning, his clothes were red, but now he is commonly seen in green clothes.

The Leprechaun is one of the symbols of Ireland, he’s essential to St. Patrick’s Day and he’s also thought to be the most famous fairy in the country. In some areas, there are traffic sign’s on the road that says “Leprechaun crossing”.

The Leprechaun is a shoemaker that’s mischievous and likes solitude. He’s often called a “degenerate fairy”, yet it doesn’t mean good nor bad fairy.
He has said to have hidden a pot of gold at the end of a rainbow, and the legend says that if you capture him he will tell you where it is. Or, he will grant three wishes in exchange for freedom.
But he is very good at making people look away from him, so he can vanish quickly. So it’s difficult to catch him.
Still, it means good luck to even just find him.

If you hear a hammering sound of hitting shoes, it’s a sign that he is nearby. As the leprechaun is a cobbler by trade.

Photo by Craig

Tags:

Comments

Mr WordPress

Hi, this is a comment.
To delete a comment, just log in and view the post's comments. There you will have the option to edit or delete them.

January 30, 2018